ゆっくり、のんびり、まったりといきましょう

スポンサーサイト

...--/--/-- --:--...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



新年の日

...2007/03/30 02:03...






(・・・消えろ)
綾香は心の中で呟く。視線は通りの道路標識。
道路標識は何も変わることなく、そのままで佇む。
「変化無し・・・」
ため息。年末から年が明けた今日にかけてずっと繰り返している事。
鏡の中での出来事、普段ならば声に出す筈の“力”は声に出さずとも使えた。
否、それは声を発する前、意識としてそう思った瞬間に行使された。
彼女の力は“暗示”彼女の囁きは対象に対しての簡易的な命令となり、同時に行動させる。
故に、命令を下せばその命令に従事しなくてはならない。例外は無い。
聞かなければ、伝わらなければ効果は発揮されないという弱点があるが、汎用性は高い。
但し、示す暗示はシンプルなものに限る。その為無機物には本来通じない・・・・はず。
(思うだけでそれが現実になるなら、それは凄いっていうレベルじゃない。・・・それが人に対してもだったらどうなる?)
ぞっとする。ただただぞっとする。それは何だ、それは他愛も無い冗談なのか
「・・・あの時、あの場にいたのは4人。何かしらの条件が必要・・・?」
自分の力の制御と抑制、そして研磨する為に使った時間を考えると変化は嬉しくあり不安でもある。
この先、物そして者へと影響が進むのか。考えただけでも面倒くさい。
二度目のため息。
「ま、方向性は同じか」
気を取り直す。先が分からないことを考えていてもしょうがない。今これからのことを考える
「あー・・・・・・やる気ない。開いてるとこもないし」
新年、1月の風が吹く。通りを行き交う者は彼女以外無く、宛らゴーストタウンに似ている。
周りを見渡す視界の隅に、緑の塊が走る。いや、走った。
(・・・?)
その方向へと視線を向ける。街の一角にできた自然。在るべき場所には無い森。
“こっち・・・”
誰かの囁き。消えそうで、聞き取れて。いつか話した変な奴。
「・・・・森の主」
“さぁ早く。ハリー、ハリー、ハリー、ハリー”
警戒しつつも歩みは止めない。いつでも転進できる様にしながら、森の中へと踏み込んでいく。
彼女を歓迎するように、森がざわめいた。


かくして、舞台に上がる役者は揃いつつ――


スポンサーサイト






この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







この記事に対するトラックバック
...トラックバックURL...
http://kiki1212.blog38.fc2.com/tb.php/317-9cf6a88e
CALENDER
03 ⇔ 2017/04 ⇔ 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

妖

Author:妖
寒いのが好きで暑がりな駄目人間
面倒くさがり屋で、乾燥肌持ち

シルバーレインでは
神元道孝(b01249)をロール中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
オセロゲーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。